ツーリング

2013年7月15日 (月)

DKT714 柳沢峠(薬石の湯瑰泉)

Dsc00371

連休後半、友人と柳沢峠を越えて、石和温泉の健康ランドへ行って来ました。
コースは、多摩川サイクリングロード→奥多摩→柳沢峠→石和温泉
今回もとっても楽しいツーリングでした。


多摩川サイクリングロードで友人と合流して、
多摩川サイクリングロードを北上。

Dsc00347

多摩川サイクリングロード終点に到着、玉川兄弟で記念撮影
奥多摩街道に出て、都道45号で古里へ、古里で青梅街道に合流。

Dsc00349

途中寄ったセブンイレブンで、フローズンコーラを購入。
セルフ・・・なので、こぼしてしまいました(笑)。

Dsc00355

奥多摩湖。

Dsc00357

奥多摩湖に到着。

Dsc00360

たばやま道の駅(もえぎの湯)で、お昼「蕎麦と鹿ウインナー」。

Dsc00364

柳沢峠到着。

Dsc00365

友人も到着。

Dsc00367

柳沢峠の峠の茶屋で「きな粉あんみつソフトクリーム」。
ここからは、目的の健康ランドまでは、ずっと下り。

久しぶりの山梨側の道はかなり整備されていて、
綺麗な道になっていましたが、
滑りやすくて、少し怖かったです。

塩山駅まで下ってくると、すこし雨が降ってきましたが、
本降りならなくてホッとしました。

目的の「薬石の湯瑰泉」到着!
まずは汗を流して、夕食~♪

Dsc00373

お酒の飲めない私は、ノンアルコールビールで乾杯。
つまみは、いかのしょうが焼きと甲州名物とりもつ。

Dsc00375

とってもお腹がすいたので、ミニカツどんとうどんの定食。

その後、岩盤浴!
いや~、いいね。

Dsc00382

次の日、計画では身延線沿いを静岡に下る予定でした。
思いのほか、この健康ランドの居心地がよく、
外もすごい猛暑なので、甲州近辺をポタポタして
塩山から輪行して帰る計画に変更(笑)。

Dsc00380

トラと一緒に、記念撮影もいろいろなパターンで(笑)。

Dsc00388

甲州かすてら 槌や(友人リサーチ)。

Dsc00390

ぶどうサイダーとシュークリーム。

Dsc00391

笛吹権三郎。

Dsc00394

ご当地マンホール。

Dsc00404

ピーチライン(縮小したら標識の字が読めませんでした・・・)。

Dsc00397

桃。

Dsc00396

マスカット。

Dsc00409

塩山駅で輪行して、

Dsc00410

高尾山駅で組み立て、
浅川サイクリングロード経由で帰りました。

今回もとっっても楽しいツーリングでした。

2013年5月 5日 (日)

BRM518富士300km試走ツーリング

Dsc00244

GW後半、友人とBRM518富士300kmの試走をかねたツーリングへ。
300kmを2日かけて、まったりゆっくり、走ってきました。

昨年このブルペに参加した私は、夜間走った区間を昼間に走れて、
とっても新鮮で、とても楽しいツーリングでした。



Dsc00197

登戸のせせらぎ館に集合。
ちょっと寒い・・・。
出発地点の町田ケルビムへ出発~♪

Dsc00199

BRM518富士300kmの出発地点「淡嶋神社公園」。
当日はブリーフィング&車検地点。

Dsc00201

最初のクイズポイント、江ノ島へ。
何がクイズなるんだろう?
楽しみです(笑)

Dsc00203

折角来たので、ちょっと観光。
実は江ノ島は、上陸したことはありません。
そのうち行こう。

Dsc00205

134号の松林沿いを小田原に向けて走っているとこんな看板がありました。
松の消毒を夜間行うので、車の窓を閉めろって注意が・・・、
う~ん、BRM518富士300kmの本番中、ゆっくり走ると、注意が必要かな。
友人がAJ西東京の人にメールしておこうかなと話していました。

Dsc00208

小田原近くの「えびや食堂」で昼食。
ここは、旧AJ青葉やR東京などで開催されるブルペでも通る場所。
早く走れる人達は、よくここで昼食を食べているようでした。
遅い私たちには無縁でしたが・・・。

今回は時間制限のないツーリング、もちろん入りましたとも(笑)。

Dsc00207

ミックスフライ定食!
おいしかったです。

Dsc00210

小田原から246号へ向かう途中は、GWなのでこいのぼりがたくさん。
その後、酒匂川沿いを上って行きます。
このあたり本番は真夜中に通るのですが、
昼間走るととっても綺麗で、良いコースでした。
なぜか写真がない?
多分、高所恐怖症だからだと思う(笑)。

Dsc00212

御殿場近くに来ると綺麗な富士山が迎えてくれました。

Dsc00213

折角なので、友人お勧めの道の駅「ふじおやま」へ。
アイスと富士山を取る予定が、重なってしまいました(笑)。

Dsc00215_2

御殿場から沼津へ下って、仮眠所?の万葉の湯へ。
まずはお風呂で汗を流して、お楽しみの夕食。

Dsc00216

季節の釜飯御前。

Dsc00217

天ぷら盛り合わせ。
友人は晩酌、お酒が飲めない私はお茶で乾杯(笑)。

その後は、再びお風呂でまったりして、
仮眠所へ。
で、深夜料金が付く3時前に出発~!

友人の鍵が壊れるアクシデントがありましたが、
何とかクリアして、2日目出発~♪

Dsc00219

いや~、富士山が綺麗1。
雲ひとつない、朝焼けの富士山が迎えてくれました。

Dsc00221

吉原近辺の「すきや」で、朝食。
朝定食の卵には専用のしょうゆが付くようです、今度はこれにしよう。

本番でもこの辺で、朝食がいいねと友人と話す。
折角だから、静岡ご当地の「スマル亭」にする計画。
さて、食べる時間はあるのか?

Dsc00223

PC2に到着。
去年と同じ場所に止める(笑)。

さてここから1000mのヒルクライムです。

Dsc00224

いや~、富士山が綺麗2。
丁度田植え中でのどかで良かったです。

Dsc00225_2

いや~、富士山が綺麗3。
だんだん、高原らしくなってきました。

Dsc00229

富士ミルクランド。
ここは、友人曰く、結構有名な場所らしい。

Dsc00234

いや~、富士山が綺麗4。
もうすぐ、登りも終わり、富士山もかなり近くに見えます。

何とか1000m登りきり、
本栖湖と南アルプスが綺麗に見える展望台に到着。
がなぜか写真を撮っていませんでした。
やはり、綺麗な景色よりも食い気ですかね?

その後、どんどん下って、鳴沢村へ。
富士パノラマラインは、GWの大渋滞・・・(悲)

お昼も近いので、

Dsc00236

友人がリサーチ済みの河口湖近くのラーメン屋さんへ。
いつも頼りになります。

Dsc00238

支那そば&半チャーハンセット。
とっても惜しかったです、とくにチャーハンが絶品でした。
大汗をかいたの後なので、
ラーメンの汁を全部飲んでしまった。

おなかも満たしたし、PC3に向かいます。
PC3までは下り。
朝早かったので、かなり眠かった・・・(危)。

PC3を過ぎ新雛鶴峠へ。

Dsc00239

途中、リニア実験線を通り抜けます。

Dsc00240

新雛鶴トンネル到着。

Dsc00247

新雛鶴トンネルから下る途中で、
こちらも、いつかは行きたいと思っていた、
雛鶴饅頭屋さんで、3時のおやつ。

ブルペで、なんどもと横を通り抜けているのですが、
時間がなかったり、朝早くて開店前だったり・・・。
念願かなって、とってもうれしかったです。

しかし、でっけー饅頭、井村屋の中華まんと同じぐらいあります。
お味は、素朴で結構イケます。

今回はブルペ中に寄りたいなと気になっている2箇所もいけたので、
かなり達成感があります。

おやつも食べたし、K35号を下って、
昨年は大垂水経由で町田に帰るのですが、
今年はコースが変更になって、
K75号を道志ダムまで下って、道志道へ上るルートへ。

これが、
とっても風光明媚で、とっても景色の綺麗(きつい)なコースでした。


でも、「BRM309西東京200km西伊豆しおかつお」より
獲得標高は、低いんですよね。

Dsc00249

道志ダムまで下って、最後の登りを上って道志道にきました。
これで登りは終わり、足も終わっていましたが・・・(悲)。

しかし、本番、ほんとにこのコースは走るの?
と感じていたら、
友人曰く、このコースメリハリが付き過ぎだって(笑)。

その後、道志道を下っていると、
「あれ、今日はどこかでブルペ開催してましたっけ?」
と後ろからランドルーヌらしき人が声をかけてきました。
AJ埼玉の反射ベストを着て走っていたので、
ブルペ参加者だとわかったようです。
友人が「ゆるゆる試走してます~」と答えると
私も「518の試走で、600km走ってます~、もうヘトヘトです~ハッハッハッ(笑)」。
とダンシングしながら坂道を登っていきました。
多分、R東京のBRM518東京600安曇野の試走かな?
しかし、ランドヌールの人の言葉は信じられません・・・。

町田近辺で、少し雨に降られましたが、無事ゴール地点に到着。
ゴール地点の焼肉屋さんで食事後、
登戸まで戻って、多摩サイで解散しました。

今回も、とても楽しい、ツーリングでした。

しかし、本番まで体重を落とさないと・・・。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Twitter